ビジネスローンってどんなもの?

個人での蓄えがある程度あれば持ち出しで何とかなる事もあるでしょう。しかし事業の内容や規模によっては手持ちの資金では足りない、あるいは近いうちに足りなくなることが明白であれば融資を受ける必要が出てくるわけです。

そこで活用するのがビジネスローンです

ビジネスローンとはその名の通り個人事業主や中小企業用に用意されたローンの事です。元々このようなローンが登場したことには個人事業や中小企業の開拓を進めてもらう事が目的で、現在では定着して様々な金融機関で取り扱われています。ではこのビジネスローンを活用するメリットは一体どんなものが上げられるでしょうか?ビジネスローンは「無担保」「第三者の保証人不要」という特徴があります。担保という言葉は皆さんご存知でしょう。つまり借金を返せなくなった場合に代わりに差し出す資産の事です。これが不要ということは融資を行うまでに時間があまり必要でなくなるということです。資金が厳しい状況なのにいつまでも待たされるという事がなくなります。

第三者の保証人が不要という点について

まず中小企業の場合ビジネスローンで融資を受けるのは個人ではなく法人格になります。ですから法人としてお金を借りて、その連帯保証人に代表者がなる必要があります。個人事業主の場合は保証人が不要となります。このようにビジネスローンでは融資を受けるためのハードルを極力下げるようなシステムが用意されているのです。

その一方でデメリットもあります。

ズバリ金利がとても高く設定されています。担保なし保証人なしということは、融資をする側にとっては資金の回収ができなくなる可能性が高まります。資金の回収ができなければ困りますから金利が高めに設定されるのです。あくまでも資金が一時的に足りないために融資を受けるという形の利用方法に留めましょう。

 

さて、ビジネスローンが借りやすい反面金利が高いものだという事が分かりました。でも大きな金額を借りる乗ってなんとなくしっかり構えて準備をして・・・と難しく考えている人も多いのではないでしょうか。特に個人事業主の方は自分で大金を借りる事にはじめは抵抗があるかもしれません。

実は今のビジネスローンはカードローンタイプのものも用意されています

カードローンといえば契約して手元に届いたカードを利用してコンビニや銀行のATMで利用できるアレです。契約さえしてしまえば融資可能な金額までであればいつでも借り入れが可能で返済もすぐにできるのでとても便利です。特に個人事業だと忙しくてなかなか店舗に向かう時間を作れないなんてこともあるかもしれません。一方で近くのコンビニに行くだけならば時間もほとんどかかりませんし、時間も自由です。とても便利な融資方法ですのでカードタイプのローンが組めるかどうかは大きなポイントと言えます。

総量規制についてはどうなの?と疑問に思った方

総量規制とは、返済出来ないほどの借金を作らないために年収の1/3までの借り入れに制限するというルールのことです。つまり年収が300万円であれば100万円までしか融資を受けることができません。特に個人事業主の方は総量規制について心配するかもしれません。実は総量規制には例外がいくつかあり事業性融資は総量規制の対象外と定められています 。つまりビジネスローンも総量規制の適応外なので借り入れの上限には影響しません。(もっとも融資を受けられるかどうかは金融機関の判断によりますが)

 

このようにビジネスローンは個人事業や中小企業が融資を受けやすいシステムになっています。どうしても資金繰りができず一時的にでもお金が必要な場合はビジネスローンの活用も検討してみましょう。

ビジネスローンの審査や金利を知ることで資金繰りを優位に進める

株式会社であれ自営業であれ、経営者にとってもっとも頭を悩ませるのは事業における資金繰りではないでしょうか?事業資金があるからこそ組織運営が継続できるのであり、従業員の給与や自身の生活も安定させられます。ビジネスローンと呼ばれるものは一般的に融資限度額が300万円から500万円が多く、例えば銀行の担当者(または支店長など)との交渉を経て融資を受ける事業資金とは性質が異なります。よって、このビジネスローンとは主に一時的な融資と捉え例えば開業資金、設備修繕、仕入れ費用、またはつなぎ融資のような活用が中心になります。但し事業の中で使うのであれば細かい使途まで指定されることはありません。

数百万円の融資なら無担保のケースが多い

ビジネスローンは大手銀行をはじめ地方銀銀行・信用金庫においても利用できるところが多く、カードローンから派生した商品として取り扱っているケースもあります。またプロミスやモビットなどいわゆる消費者金融系(現在は大手銀行の傘下)でも展開していることが数多く、申込みから融資までの期間が比較的短いことなどから利用するケースも増えています。担保については融資限度額が300万円から500万円が中心になりますが、間に保証会社が入り審査が行われるケースが多く、この場合基本的に無担保です。また不動産などを担保とすると数千万円から億単位で融資を受けられるプランを用意している所も多いので事業プランに合わせて検討することが出来ます。

キャシング業者も検討してみる

自営業や自分でビジネスを行う人に対して、資金繰りの悪化や一時的な繋ぎ資金などを借りる為に民間のキャッシング業者のビジネスローンを利用する事も一つの手段です。ではどのようなビジネスローンがあるのか?中々イメージは湧きにくいものです。民間という言葉を使うと、銀行などを悪いイメージとして捉えてしまうかも知れませんが、そうではなく銀行などから融資を受けれなかった場合を想定して考えて下さい。まず消費者金融、信販会社における事業者向けの専用ローンを考えて見ます。大手と呼ばれる消費者金融では、事業者専用のローンも個人向けのカードローンと同様に、商品として取り扱っていますがあまり馴染みがないのが現状となります。しかしローン商品として取り扱いがあるので資金繰りをどうしようか悩んでいる時に、相談してみるのも一つの方法ではないかと考えます。

場合によっては銀行より借りやすい条件も

私達民間人や民間の個人事業主にとって、一番身近な存在としては銀行などが思い浮かびます。でも近年では銀行の融資における審査は厳しさを増し、中々お金を借りれないという事態もあります。事業性資金を銀行で借りようとするケースでは、担保や保証人を必要とする事が多くどこか手を出しにくい部分があります。それに比べて消費者金融や信販会社の事業者専用のローンでは、無担保や保証人不要という条件の会社が多く存在します。自分の行うビジネスで資金を調達出来ないといった理由で、泣く泣くビジネスを辞める事を避ける事や再建する事も可能になるかも知れません。もちろん審査があるので、融資に至るにはその会社の審査に通る必要はありますが審査基準においては銀行よりも柔軟だと言われているのが実状です。

メリットとデメリット

また審査におけるスピードや借入れの際の利便性など、銀行にはない優れた面を備えているのも苦しい時には助かる存在ともなり得ます。借入れ金利を見ると借入れ金額により異なる部分は有りますが、13%?18%くらいが平均となっている様で借入れ限度額の上限は、300万円から最大1000万円などの会社もあり売上や金利、今後の見通しなどと合わせて総合的に判断する事が必要です。そして気を付けたいのが悪徳業者に引っかかるといった事になりますが、個人でいう闇金などの悪徳業者も存在するのも現実で多くの人がビジネスローンを目的としている人を、詐欺行為で陥れている事も頭に入れましょう。事業の資金に困っている人を狙う行為は到底許せるものではありませんが、そういった悪徳業者に引っかかってしまうのは心理状態が正常でない時にこそ起こります。ビジネスローンを悪用する悪徳業者の多くは、低金利など甘い言葉を匠に使い事業主を陥れて来ます。

まずは相談してみる

そういった点から考えると、ビジネスローンを利用するのであればやはり名前の知れた会社を選び多くの事を聞いて調べる事は凄く重要な事ではないかと考えます。確かに低金利と聞くと誰でも魅力的に感じますが、大きなお金を借りる以上はある程度の金利も計算して見通しを立てなければいけません。色々と考える事はありますがビジネスローンを利用するのも、個人的にお金を借りる場合もその後の事を踏まえて検討する事が必要で借りる候補としては大手から順番に考える方が無難でしょう。ビジネスを行い利益を出す事が目的である以上、無謀な商売やビジネスを行っていない限り相談には必ず乗ってくれ、その会社の基準を満たす事が出来れば融資を受けられます。ビジネスローンという内容で説明を行ってきましたが、知らない事もたくさんあるのものです。資金繰りの悪化などビジネスを行う人にとっては考えたくない事ですが、そういう事も起こる時があるのは当然だという認識を持つ事も大切ですし何よりもその時の対処の仕方を知っておくのもビジネスを行う上では必要なのではないでしょうか?

更新履歴